第77回皐月賞の複穴と3連単予想:2017年4月16日(日)3回中山8日目

pfQG6HnzMCMVUB61491449152_1491449351.jpg

全く分からん、こういう場合は18頭から考えるのでは無く、一つのキーワードで限定してしまうという方法もある。

生産者ノーザンファームで決め打ちすると、該当馬はスワーヴリチャード、レイデオロ、アウトライアーズ、ダンビュライト、アルアイン、キングズラッシュ、この6頭になる。

6頭の中では前走共同通信杯のスワーヴリチャードが最有力、ルーラーシップ産駒のダンビュライトとキングズラッシュは殆ど印が回ってない。残りはレイデオロ、アウトライアーズ、アルアイン。

この出馬表の評価から穴候補を上げるなら、アダムバローズ、クリンチャー、ウインブライト、このへんから狙うという考えも有ったのだが、3頭共に外枠だと買いにくい。

やはり今回はノーザンファーム狙い撃ちで、スワーヴリチャードからレイデオロ、アウトライアーズ、アルアインへの馬連&ワイドでも買ってみます。

自分で考えるよりも、機械的な3連単予想の方が当たるかもね?

2017年 4月16日(日) 3回中山8日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第77回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2000m (B)
馬名S 替 騎手 ZI SP SA 直前 芝短 芝中 ダ短 ダ中
1 1 マイスタイル 横山典弘 112               83 72 83    
1 2 スワーヴリチャード 四位洋文 124         80   80    
2 3 コマノインパルス *江田照男 110               80   81    
2 4 カデナ 福永祐一 130       84 59 84    
3 5 レイデオロ ルメール 129 ×     ×       ( 0)   79    
3 6 アウトライアーズ 田辺裕信 123     × ×         83 71 83    
4 7 ペルシアンナイト M.デム 125 83 83 83    
4 8 ファンディーナ 岩田康誠 128       79   79    
B5 9 プラチナヴォイス 和田竜二 109                 82   82    
5 10 ダンビュライト *武豊 109               81 71 81    
6 11 アルアイン 松山弘平 119       82 69 82    
6 12 アメリカズカップ 松若風馬 109               78 71 78    
7 13 サトノアレス 戸崎圭太 119             81 80 81    
7 14 キングズラッシュ *柴田善臣 101                 ( 0)   72    
7 15 アダムバローズ 池添謙一 111           CX 78 57 78    
8 16 クリンチャー 藤岡佑介 103               79   79    
8 17 ウインブライト 松岡正海 117               84 69 84    
8 18 トラスト *柴田大知 86               74 73 74    
中山11R 皐月賞G1   芝2000 18頭 11- 7-10-16- 5
単勝 (11) 2240円
複勝 (11) 650円 (7) 320円 (10) 1340円
枠連 (4-6) 2380円
馬連 (7-11) 8710円
馬単 (11-7) 20720円
3連複 (7-10-11) 176030円
3連単 (11-7-10) 1064360円
ワイド (7-11) 2250円 (10-11) 16960円 (7-10) 6770円

ソフト評価項目から優先順位を設定した機械的な3連単予想です。私が考えてる訳でも無いし、オッズも考慮してません。5人の予想家でシミュレーションと考えて下さい。

[ 2017. 4.16 ]3回中山8日目11R

予想 場R 券種 金額 オッズ
赤城 中山11R 3連単 1着軸
1着軸:11-(2,4,5,7,8,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
48.7
青山 中山11R 3連単 1着軸
1着軸:7-(2,4,5,8,11,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
17.9
黒崎 中山11R 3連単 1着軸
1着軸:8-(2,4,5,7,11,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
7.3
山吹 中山11R 3連単 1着軸
1着軸:5-(2,4,7,8,11,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
17.0
結城 中山11R 3連単 1着軸
1着軸:4-(2,5,7,8,11,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
10.3
      150点 15000  

前走レース後のコメント1着 スワーヴリチャード(四位洋文騎手)
「思った通りのレースが出来て良かったです。この3戦続けて出遅れていたので、この後の中山を見すえて、ある程度出して位置を取りに行くレースをしようと庄野調教師と話していました。今日も少し遅れましたが、ある程度の位置で競馬が出来ましたからね。前回のレースを活かし、早く動かないようにしました。順調に階段をのぼっています。春に大きなレースが2つあるので、無事に行ってほしいですね。今の所この馬に関してリクエストはないです。次も頑張ります」
(庄野靖志調教師)「今までの中で1番理想としていたレースが出来ました。ゲートから少し出して行っても折り合いがついて、3~4コーナーでは十分脚がたまっているようでした。精神的に少しずつ大人になってきていて、成長がうかがえます。現状でも良く頑張っていますが、上積みはまだまだあります。この馬に求めるものは大きいので、馬体面も精神面も成長していってほしいです。このあとは皐月賞に直行の予定です。賞金を加算できたので、胸を張ってクラシックに向かいたいです」

1着 レイデオロ(ルメール騎手)
「競馬が上手です。新馬戦から徐々に良くなっています。今日も能力を発揮しました。以前から話していますが、2400mも大丈夫だと思います」
(藤沢和雄調教師)「レイデオロはやる気十分の馬です。今後に向けて、ここで一息入れられるのは大きいです。この後も、馬本位でこれまで通りやっていきます」

2着 アウトライアーズ(田辺騎手)

「距離が課題だと思っていました。前が流れていた分、良かったと思います。本来はもう少し切れる馬ですし、休み明けの分かもしれません。2着に入って賞金を加算出来て良かったです」

1着 ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手)
「前回乗ったときは道悪で力を出せませんでしたが、今日は直線でいい脚を使いました。素晴らしい馬です。距離は2000mまでは問題ないでしょう」

1着 ファンディーナ(岩田康誠騎手)
「思った以上に走ってくれましたし、期待通りに成長してくれています。完歩の大きい馬で、無理に抑えることなく、スッと反応してくれました。距離は伸びても、短くなっても対応可能です。レースに行けば、言うことを聞いてくれる馬です。チャンスのある馬に乗せていただきましたし、この後も頑張ります」
(高野友和調教師)「輸送、スタンド前発走、コーナー4つ、直線の坂など、全てが初めてでしたが、克服というよりもすべてを体験できて良かったです。輸送は思った以上にスムーズでした。今後については、色々案はありますが、馬の状態次第です。すべてをチェックして、馬の状態をオーナーに伝えてから決定します」

1着 アメリカズカップ(松若騎手)
「前走は出遅れましたが、今日はスタートでいい位置を取って流れに乗れました。馬場も渋っていたので早めに行こうとは思っていました。この馬、道悪はあまり苦にしません。ノメらずラストまで走ってくれました。まだ成長途上でこれだけのパフォーマンスを見せてくれました。これから楽しみですね」

4着 サトノアレス(戸崎騎手)
「スタートですべってしまい、勢いがつきませんでした。道中の感じは良く、4コーナーもスムースでした。もう一つスイッチがあると思ったのですが...」

1着 アダムバローズ(池添謙一騎手)
「よく踏ん張ってくれました。タガノアシュラがステッキを入れて主張していたので、絡んで行くときつくなるので、控えて行きました。少しハミを噛んでいましたが、何とかタガノアシュラの後ろで我慢してくれました。勝負どころで早めに並びかけに行って、粘り込めたらと思っていました。最後はしのいでくれました。前走から乗せてもらっていますが、しぶとい馬です。本番でも自分の競馬が出来れば、頑張ってくれると思います」
(角田調教師)「ジョッキーと相談して、行けるならハナを奪おうと思っていました。ペースが遅ければ行っていましたが、緩いペースでなくても勝ってくれました。切れませんが、もっと先行力を磨いていったらいいと思います。これでダービーまで安心して行けるので良かったです。今後は在厩になると思います」

1着 クリンチャー(藤岡佑介騎手)
「控える形で我慢が利いていました。最後までしっかりと伸びてくれました。前回とは違って内容のあるいい競馬だったと思います」
(宮本博調教師)「中間(の調教)でもグッとハミを取るように走っていて、実は自信満々でした。ジョッキーには『行く気なら行ってほしい、ただ馬とけんかをするのはやめてほしい』と言っていました。新馬の時は攻め馬でも時計が出ていませんでしたので、度外視していいと思います。今後は直行で皐月賞に向かいたいと思います」

1着 ウインブライト(松岡騎手)
「ソラを使うので、最後まで一生懸命に追いました。折り合いをつけて、終い伸ばすことが課題でしたが、その通りに走りました。まだ競馬が固まっていないので、自分の馬の走りをしました。仕掛けどころでプラチナヴォイスの脚がありそうだったので、ついて行ければいいと思いました。初めて乗った時からすごくいい走りをしていました。次も頑張ってくれると思います」