第62回スプリングカップの複穴と3連単予想:2017年5月13日(土)2回東京7日目

2017_ChicagoPD_S4_SeriesArt_Comp6_Voight_HERO_16x9_CC.jpg

ZIを見るとサトノアラジン、レッドファルクス、キャンベルジュニアが抜けていて次がグランシルク、人気とほぼ同じだね、そしてSPの欄を見てもサトノアラジンとレッドファルクスがBXでキャンベルジュニアがBZ、これは数値だけなら鉄板状態、これにグランシルクを加えて万全に見えるのだが、しかし・・・

1400mというのは、たった1Fで1200mでも無く、1600mでも無く、1400mなら走るという馬が存在する特殊な距離。こう考えると逆も有る。1200mなら絶対の馬でも1400mだと分からんし、1600mなら絶対でも1400mでは短いという状況もあり得る。

ここは思い切って1400mスペシャリストらしい馬を狙う。該当馬はロサギガンティア、トーセンデューク、ブラヴィッシモ、トウショウドラフタ、私が考えるのはこの4頭。

トウショウドラフタはある程度の人気になっているので複穴としては無視します。トーセンデュークは重い印も回っていて血統評価もA、指数的には足りないが、こいう印と人気のズレはこの出馬表では穴馬と考えられる。ブラヴィッシモは無印だが、坂路データから私の見解は要注意。

ロサギガンティアの前コメ(四位洋文騎手)「デムーロ騎手からは『ゲートはいつも出ない』という話をしてもらい、案の定後ろからになりました。促したらいいところにつけて、流れに乗れました。しかし、4コーナーでは手応えがありませんでした。初めて乗ったので何とも比較はつきません。返し馬ではいい雰囲気の馬で走りそうでしたが......」前走2番人気で9着惨敗のロサギガンティア、この敗因が分からないコメントをどう解釈するか?過去2年でこんなに走らないロサギガンティアが異常で全く競馬をしてない。前走だけ見てたら評価も低くなるだろうが、ロサギガンティアは元々指数は足りているのに前走不可解な惨敗で人気落ち、ここで得意の東京1400mなら私は買い所だと思う。前走同様に走らない可能性も有るが、人気が無いから面白い、私はロサギガンティアから買う。

2017年 5月13日(土) 2回東京7日目 13頭 [15:45発走]
【11R】第62回京王杯スプリングカップ
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝1400m (B)
馬名S 替 騎手 ZI SP 直前 芝短 芝中 ダ短 ダ中
B1 1 ヒルノデイバロー 横山典弘 103               91 95   91  
2 2 ロサギガンティア *柴田善臣 106               ( 0) 100 97    
3 3 キャンベルジュニア *ルメール 129       BZ   96 96 96    
4 4 サトノアラジン 川田将雅 131 BX ( 0) 101 101    
4 5 トーセンデューク 四位洋文 119 91 92 92    
5 6 ダンツプリウス 丸山元気 108                 93 97 97    
B5 7 ブラヴィッシモ *北村宏司 114               93 95      
6 8 トウショウドラフタ 田辺裕信 96   × ×         88 94 94    
6 9 グランシルク 戸崎圭太 121   ×         96 98 98    
7 10 レッドファルクス M.デム 131   BX 98 98   96  
7 11 トーキングドラム *幸英明 112               94 95 93    
8 12 クラレント 岩田康誠 97               90 96 97    
8 13 ダッシングブレイズ *内田博幸 100   ×       94 97 97    
東京11R 京王杯スG2  芝1400 13頭 10-12- 9- 1- 8
単勝 (10) 500円
複勝 (10) 220円 (12) 860円 (9) 210円
枠連 (7-8) 1880円
馬連 (10-12) 19230円
馬単 (10-12) 26420円
3連複 (9-10-12) 29390円
3連単 (10-12-9) 179770円
ワイド (10-12) 4520円 (9-10) 650円 (9-12) 4060円

ソフト評価項目から優先順位を設定した機械的な3連単予想です。私が考えてる訳でも無いし、オッズも考慮してません。5人の予想家でシミュレーションと考えて下さい。

[ 2017. 5.13 ]2回東京7日目11R

予想 場R 券種 金額 オッズ
赤城 東京11R 3連単 1着軸
1着軸:4-(3,5,9,10,13)
@100
合計金額
2000
計20点
合成オッズ
6.9
青山 東京11R 3連単 1着軸
1着軸:10-(3,4,5,9,13)
@100
合計金額
2000
計20点
合成オッズ
9.1
黒崎 東京11R 3連単 1着軸
1着軸:5-(3,4,9,10,13)
@100
合計金額
2000
計20点
合成オッズ
40.3
山吹 東京11R 3連単 1着軸
1着軸:9-(3,4,5,10,13)
@100
合計金額
2000
計20点
合成オッズ
11.0
結城 東京11R 3連単 1着軸
1着軸:3-(4,5,9,10,13)
@100
合計金額
2000
計20点
合成オッズ
10.0
      100点 10000  

前走レース後のコメント9着 ロサギガンティア(四位洋文騎手)
「デムーロ騎手からは『ゲートはいつも出ない』という話をしてもらい、案の定後ろからになりました。促したらいいところにつけて、流れに乗れました。しかし、4コーナーでは手応えがありませんでした。初めて乗ったので何とも比較はつきません。返し馬ではいい雰囲気の馬で走りそうでしたが......」

2着 キャンベルジュニア(シュタルケ騎手)
「条件が前走より上がっていましたが、対応してくれました。距離も馬場も合っていると思います。ペースがもう少し速くなってくれたら良かったと思います。それでも勝つ手応えはあったのですが、負けてしまいました」

1着 トーセンデューク(四位洋文騎手)
「前走がうまく行かなかったので、今回は折り合いを重視して乗りました。とにかく結果を出せて良かったです」

9着 トウショウドラフタ(田辺裕信騎手)
「初の1200m戦で、時計勝負も経験はなかったですし、いい経験になりました。1400m戦でハミを噛むレースが続いていましたから、リセットできるかもしれません」

3着 グランシルク(戸崎騎手)
「道中も上手に走っていますが、ペースが落ち着いて前残りになってしまいました」

8着 ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)
「スタートからペースが遅く、ある程度の位置から行きたかったのですが、一歩目が遅く、後ろからになりました。それに上がりのレースになり、メンバーも強かったですからね」