第58回宝塚記念の複穴と3連単予想:2017年6月25日(日)3回阪神8日目

2017_ChicagoPD_S4_SeriesArt_Comp6_Voight_HERO_16x9_CC.jpg

キタサンブラックの単勝が現在1.5倍、Twitterではキタサンブラックに1340万円賭けましたというTweetが時速2,904RTの勢いで駆け巡る。とにかく凄い勢いでキタサンブラックの馬券が売れているということ。

100万円とか1,000万円を賭ける勝負は我々庶民には縁が無い(笑)金持ち投資家に張り合っても勝負は目に見えている?金額ではかなわないから、キタサンブラックが飛ぶ可能性に金を賭けてしまうのが庶民?ここは養分になるよりは観て楽しむレースだと考えた方が良いのでは?

と言いながら私は馬券を買うんだけどねw、穴馬はヒットザターゲットしか居ないでしょ?私は応援してるので買うのは決まってるけど、全く可能性が無いとは思っていない、二桁着順が続いている9歳のヒットザターゲットは終わったと言われても仕方ないけど、実は真面目に走って無いらしいよ。

2017年 6月25日(日) 3回阪神8日目 11頭 [15:40発走]
【11R】  第58回宝塚記念
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2200m・内 (B)
馬名S替 騎手ZISPSA直前芝短芝中ダ短ダ中
11ミッキーロケット 和田竜二112      ( 0) 93  
22ゴールドアクター横山典弘117  88 98  
33スピリッツミノル 幸英明89       86 88  
44クラリティシチー*松山弘平106        898489  
55シュヴァルグラン 福永祐一128BX97 97  
66シャケトラ*ルメール11987 95  
67レインボーライン*岩田康誠102      818093  
78ミッキークイーン 浜中俊121      899395  
B79ヒットザターゲット*川田将雅91        79 93  
810キタサンブラック 武豊139 AZ99 99  
811サトノクラウン M.デム115       ( 0) 95  

[ 2017. 6.25 ]3回阪神8日目11R

予想場R券種金額オッズ
赤城阪神11R3連単1着軸
1着軸:10-(1,2,3,5,6,8)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
2.5
青山阪神11R3連単1着軸
1着軸:5-(1,2,3,6,8,10)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
14.7
黒崎阪神11R3連単1着軸
1着軸:2-(1,3,5,6,8,10)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
16.5
山吹阪神11R3連単1着軸
1着軸:1-(2,3,5,6,8,10)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
42.3
結城阪神11R3連単1着軸
1着軸:8-(1,2,3,5,6,10)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
12.6
   150点15000 

前走レース後のコメント7着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「ゲートの中でもぐろうとしたり、下がったりしていました。それでも出た方ですが、体勢がよじれた状態で出たので、行き脚がつきませんでした。力はこの中でも遜色ないと思いますが...」

7着 ゴールドアクター(横山典騎手)
「今日のところはスタートがすべて。ガタガタした時にスタートが切られてしまって...」

5着 スピリッツミノル(幸英明騎手)
「前が壁になりました。それが無ければもう少し前に来られたと思います。ペースが流れたほうが良かったです」

4着 クラリティシチー(川田騎手)
「いい枠順を引けて、スムースにレースが出来ました。最後まで食らいついて、よく頑張っています」

2着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「体が絞れてムダのないいい体になっていました。こういう競馬がしたいと思っていたレースが出来ました。早めに動いて行くレースでも最後まで力を振り絞ってくれました。あと僅かでした。タフなレースでよく頑張りましたが、相手が強かったです」

9着 シャケトラ(田辺騎手)
「馬場とメンバーを考えてポジションを取りに行きました。その分、最初は力んで走りましたが、すぐに折り合って流れに乗ってレースが出来ました。しかし、ペースが上がったところでモタついてしまいました。最後は力尽きた形です。ただ、それも勝ちを意識した分の結果ですし、まだまだ伸びしろのある馬だと思います」

7着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「上手に出て、そのままの位置で競馬をしました。直線でいつも反応の鈍い馬ですが、今日は手前を3回くらい変えていて、外からデンコウアンジュが来ても抵抗できませんでした。ちょっと分かりません」

1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「直線では何とか頑張ってくれと思って追いました。さすがに最後は一杯一杯。タフな競馬でしたが、道中はこの馬しか今日のペースには対応出来ないだろうと思っていました。ディープインパクトのレコードタイムは当分破られないだろうと思っていましたが、ついに破られました。去年の今頃と比べると本当に強くなっています」

6着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手)
「内回りコースが合わないと思います。良い所をいっていましたが、ジリジリという感じでした」