第52回関屋記念の複穴と3連単予想:2017年8月13日(日)2回新潟6日目

2017_ChicagoPD_S4_SeriesArt_Comp6_Voight_HERO_16x9_CC.jpg

指数的には、どの馬にもチャンスが有りそうで、印も割れてるね。メートルダールが現在1番人気なんだけど、ロードクエストとウインガニオンも似たようなオッズ、この3頭の中では私はウインガニオンだと思うけど?買わないけどねw

坂路データからはダノンリバティ、クラリティスカイ、ウキヨノカゼ、同コース指数ならヤングマンパワー、ダノンリバティ、ロサギガンティア、この中ではダノンリバティとヤングマンパワーは人気になりそうだから無視。

ロサギガンティアとクラリティスカイも面白そうなんだけど、ここはウキヨノカゼを狙いたい。7歳の牝馬だけど夏場に強い、7月~9月は2戦2勝、外枠勝率75%、坂路では今までこんなタイム出したこと無い馬ですよ、いつもと違う事象は要注意。

2017年 8月13日(日) 2回新潟6日目 16頭 [15:45発走]
【11R】  第52回関屋記念
3歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)
馬名S替 騎手ZISPSA直前芝短芝中ダ短ダ中
11ダノンプラチナ蛯名正義123×   ( 0)101101  
12レッドレイヴン*北村宏司94      909090  
23マルターズアポジー武士沢友110      8296102  
24トーセンデューク*小崎綾也107     929593  
35ロサギガンティア*大野拓弥102       ( 0)9998  
36メートルダール M.デム110 939397  
B47ショウナンバッハ*柴田善臣97  ×     9690102  
48オールザゴー内田博幸115      ( 0)8888  
59クラリティスカイ*横山典弘104 ×   899610282 
510ダノンリバティ 松若風馬114   ×  929999 99
611ヤングマンパワー*石橋脩111       87101101  
612ブラックムーン*川田将雅125   98100100  
713マイネルハニー柴田大知119 ×     10199101  
714ロードクエスト 池添謙一102   93101101  
815ウインガニオン津村明秀126    CX 10010010075 
816ウキヨノカゼ吉田隼人115       ( 0)9999  

[ 2017. 8.13 ]

予想場R券種金額オッズ
赤城新潟11R3連単1着軸
1着軸:4-(1,6,11,12,15,16)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
263.6
青山新潟11R3連単1着軸
1着軸:12-(1,4,6,11,15,16)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
15.6
黒崎新潟11R3連単1着軸
1着軸:6-(1,4,11,12,15,16)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
13.5
山吹新潟11R3連単1着軸
1着軸:11-(1,4,6,12,15,16)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
33.2
結城新潟11R3連単1着軸
1着軸:16-(1,4,6,11,12,15)
@100
合計金額
3000
計30点
合成オッズ
95.0
   150点15000 

前走レース後のコメント
11着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手)
「見ての通りです。あれだけ競られては仕方がありません。あれも競馬です」

1着 メートルダール(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。重賞で3着がありますし、ここでは力が上でした。マイルも問題ありません」

5着 オールザゴー(内田博幸騎手)
「終いに脚を使った前走が今日のレースにつながっています。そして、今日のようなレースができたことで、また次につながると思います。このメンバーで5着ですし、いい方向に向かっていると思います」

5着 ダノンリバティ(松若風馬騎手)
「テンが速く、置かれる形になりましたが、この馬のリズムで終いまでしっかり走ってくれました。内容は悪くありません。使って良くなると思います」

3着 ブラックムーン(M.デムーロ騎手)
「残念。今日は進んで行きませんでした。手前も替えませんでした。直線に向いてもジリジリとした脚で、前回のような瞬発力を発揮できませんでした。馬場を気にしていたようなので、そのあたりの影響もあったかもしれません」

2着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「もう少し後ろに脚を使わせる競馬をしたかったですね。(ダノンメジャー)と枠が逆ならハナを主張したのですが......。この流れを差し切った訳ですから、勝った馬は強かったです。馬の状態は良かったですし、よく頑張ってくれました」

1着 ウインガニオン(津村明秀騎手)
「ゲートを出てから首を振る仕草を見せて、いつもよりスピードの乗りが遅かったので、2番手で前とは離れた位置で落ち着いて運べました。それでも前走の東京よりは気が入っていました。これまでのレースで最内にコースを取って好走した馬がいましたから、思い切ってそこにコースを取りました。さすがにラスト100mは脚が上がっていましたが、根性で押し切ってくれました。この馬はこの季節と左回りがいいのですが、それ以上に力をつけています」